MIYAi
企業情報

企業情報

今までにない画期的な工作機械の創造

私たちは圧倒的な生産性・省エネルギーかつ低コストのマザーマシンをお客様へ提供します。

2016年8月、 ミヤイ製作所としてスタートした弊社は初代のマシンである水テーブル式CNCプラズマ切断機と初代ロール曲げ機590型独立駆動ベンディングロールを開発・製造し、自社設備として使用を開始いたしました。
その他で自社設備を活かした、超高電流水冷変圧器の水冷コイルや特殊エッヂワイズ(縦方向)巻き線コイル、電気装置、変圧器の製造・組み立て
工作機械用主要部品、曲げ加工、製缶・溶接
 2018年3月には弊社初である 円錐ロール曲げ機MPB型 の開発・生産など幅広く取り組んで参りました。

私たちはもっと画期的で高性能で使い易くかっこよくて低コストな機械・装置の開発、提供を通じて世界のモノづくりのさらなる発展に協力するため、弊社内開発・生産設備の増強と2019年10月には生産開発拠点を現在の住所へ移転いたしました。2020年2月に販売を開始した スタンダードロール曲げ機MR型 は圧倒的低価格ながら、端曲げが可能で省スペース豊富なオプションで大変好評をいただいております。2021年2月には国内ではまだまだ普及していないファイバレーザー加工機の開発・設計を開始しました。同年9月にはテストカットを経て、今までに類を見ない省スペース・機能性のファイバレーザーカット加工機として社内設備・展示機として稼働・販売を開始いたしました。さらに同年10月には大型4K高解像度液晶型3Dプリンターの開発を開始しております。

ふと思いついたホットなアイデアを、冷めないうちにすぐ形にできるマシーンの提供…
時代に見合った省エネルギー性・拡張性・生産性・使い易さ…すべてを兼ね備えたマシーンの提供…

それが私たちの使命です。

積極的に新製品の開発・販売を進める中で忘れてはならない重要な問題である、生産現場についてもMIYAiでは最重要課題の一つと考え、日々構築と改善を繰り返して参りました。今までの生産現場に対するイメージを覆し、最高の安全水準で業界の見本工場となれるよう工場内空調の設置、工場内ホワイト塗装、生産に見合った設備のレイアウト変更、ショールームや商談ルームといったお客様対応力の向上など日々成長努力を惜しみません。

2021年12月工作機械・生産設備の製造・販売を専門とする株式会社MIYAiを設立いたしました。

そして今後は今まで以上にお客様のニーズ・ご要望にすべて答えられるよう、さらに開発・生産力・規模を拡大して日本や世界のものづくりの発展に尽力いたします。
代表

株式会社 MIYAi

〒583-0995 大阪府南河内郡太子町大字太子223番地1

代表取締役 宮井 優希